logo
menu インフォメーション 作品 野坂曜子 野坂昭如 お問い合わせ
 
 
 *掲載しています作品のご購入に関してはこちらまでご連絡ください。
  ギャルリー・イマ  e-mail :galerieyma1010@yahoo.co.jp
 
   タイトル:「夙川教会」水彩画   ●作家:大石輝一/

[[[拡大]]]
1894年大阪に生まれる。
交友のあった佐藤春夫のすすめで1916年上京し、本郷洋画研究所に学ぶ。
関東大震災後に帰阪し、大阪市美術教会に出品を重ねる。のちに大阪に美術研究所を開き、
1959年自らが設計、修飾した茶房「パボーニ」を西宮の夙川河畔に開く。
1972年没
 

 
   タイトル:「三楽荘風景」 油彩画  ●作家:大石輝一

[[[拡大]]]
 同上
 

 
   タイトル:「画家の家」 油彩画  ●作家:大石輝一

[[[拡大]]]
 同上
 

 
   タイトル:「夙川風景」 油彩画  ●作家:大石輝一

[[[拡大]]]
 同上
 

 
   タイトル:「カルテット」   ●作家:泉 茂

[[[拡大]]]
 1922(大正11)年、大阪に生まれた泉は、太平洋戦争終戦後、画家として活動を始め、
 1951(昭和26)年に「デモクラート美術家協会」の結成に参加、中心的メンバーとま
 た、1953(昭和28)年から銅版画を、その2年後からは石版画をなりますほとんど独学
 で作りはじめ、関西における版画制作の道を開きました。シュルレアリスムを通過し
 た叙情的な作品が評価され、1957(昭和32)年には第1回東京国際版画ビエンナーレ展
 で新人奨励賞を受賞し、版画家としての評価が高まります。しかし新たな展開をめざ
 して1959(昭和34)年に渡米、1963(昭和38)年にはパリに移り、筆跡を描き直す抽
 象的な絵画を試みました。1968(昭和43)年に帰国してからはエアブラシを用いて、
 円や三角形などの基本的な形態をテーマに様々な表現を追求。常に新たな表現に挑む
 とともに、大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。雲形定規の
 形を利用した作品に新たな展開を求めていた1995(平成7)年、享年73で没しました。
 

 
   タイトル:「祝鳥」   ●作家:泉 茂

[[[拡大]]]
 1922(大正11)年、大阪に生まれた泉は、太平洋戦争終戦後、画家として活動を始め、
 1951(昭和26)年に「デモクラート美術家協会」の結成に参加、中心的メンバーとま
 た、1953(昭和28)年から銅版画を、その2年後からは石版画をなりますほとんど独学
 で作りはじめ、関西における版画制作の道を開きました。シュルレアリスムを通過し
 た叙情的な作品が評価され、1957(昭和32)年には第1回東京国際版画ビエンナーレ展
 で新人奨励賞を受賞し、版画家としての評価が高まります。しかし新たな展開をめざ
 して1959(昭和34)年に渡米、1963(昭和38)年にはパリに移り、筆跡を描き直す抽
 象的な絵画を試みました。1968(昭和43)年に帰国してからはエアブラシを用いて、
 円や三角形などの基本的な形態をテーマに様々な表現を追求。常に新たな表現に挑む
 とともに、大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。雲形定規の
 形を利用した作品に新たな展開を求めていた1995(平成7)年、享年73で没しました。
 

 
   タイトル:とんぼ   ●作家:泉 茂

[[[拡大]]]
 1922(大正11)年、大阪に生まれた泉は、太平洋戦争終戦後、画家として活動を始め、
 1951(昭和26)年に「デモクラート美術家協会」の結成に参加、中心的メンバーとま
 た、1953(昭和28)年から銅版画を、その2年後からは石版画をなりますほとんど独学
 で作りはじめ、関西における版画制作の道を開きました。シュルレアリスムを通過し
 た叙情的な作品が評価され、1957(昭和32)年には第1回東京国際版画ビエンナーレ展
 で新人奨励賞を受賞し、版画家としての評価が高まります。しかし新たな展開をめざ
 して1959(昭和34)年に渡米、1963(昭和38)年にはパリに移り、筆跡を描き直す抽
 象的な絵画を試みました。1968(昭和43)年に帰国してからはエアブラシを用いて、
 円や三角形などの基本的な形態をテーマに様々な表現を追求。常に新たな表現に挑む
 とともに、大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。雲形定規の
 形を利用した作品に新たな展開を求めていた1995(平成7)年、享年73で没しました。
 

 
   タイトル:リンゴと誕生   ●作家:泉 茂

[[[拡大]]]
 1922(大正11)年、大阪に生まれた泉は、太平洋戦争終戦後、画家として活動を始め、
 1951(昭和26)年に「デモクラート美術家協会」の結成に参加、中心的メンバーと
 また、1953(昭和28)年から銅版画を、その2年後からは石版画をなります。
 ほとんど独学で作りはじめ、関西における版画制作の道を開きました。
 シュルレアリスムを通過した叙情的な作品が評価され、1957(昭和32)年には
 第1回東京国際版画ビエンナーレ展で新人奨励賞を受賞し、版画家としての
 評価が高まります。しかし新たな展開をめざして1959(昭和34)年に渡米、
 1963(昭和38)年にはパリに移り、筆跡を描き直す抽象的な絵画を試みました。
 1968(昭和43)年に帰国してからはエアブラシを用いて、円や三角形などの基本的な
 形態をテーマに様々な表現を追求。常に新たな表現に挑むとともに、
 大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。
 雲形定規の形を利用した作品に新たな展開を求めていた
 

 
   タイトル:赤い鳥と蝶と森   ●作家:泉 茂

[[[拡大]]]
 1922(大正11)年、大阪に生まれた泉は、太平洋戦争終戦後、画家として活動を始め、
 1951(昭和26)年に「デモクラート美術家協会」の結成に参加、中心的メンバーと
 また、1953(昭和28)年から銅版画を、その2年後からは石版画をなります。
 ほとんど独学で作りはじめ、関西における版画制作の道を開きました。
 シュルレアリスムを通過した叙情的な作品が評価され、1957(昭和32)年には
 第1回東京国際版画ビエンナーレ展で新人奨励賞を受賞し、版画家としての
 評価が高まります。しかし新たな展開をめざして1959(昭和34)年に渡米、
 1963(昭和38)年にはパリに移り、筆跡を描き直す抽象的な絵画を試みました。
 1968(昭和43)年に帰国してからはエアブラシを用いて、円や三角形などの基本的な
 形態をテーマに様々な表現を追求。常に新たな表現に挑むとともに、
 大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。
 雲形定規の形を利用した作品に新たな展開を求めていた
 1995(平成7)年、享年73で没しました。
 

 *掲載しています作品のご購入に関してはこちらまでご連絡ください。
  ギャルリー・イマ  e-mail :galerieyma1010@yahoo.co.jp




© 2004 GALERIE YMA All Rights Reserved.